こんばんは。

先日も書きましたが、正直eoblogしんどいです。

一つの記事に時間がかかりすぎてしまい、全然記事を更新できないでいます。

というわけで、このたび、

「本音だグルメ2」

をFC2で始めることにしました。

これからはそっちがメインになるかもしれません。

続きを読む »

2008年7月26日 (土)

うつぼ公園近くの黒い薔薇、「ローザネーラ」

080713_122701 うつぼ公園の東側。

有名イタリアン、イタロがあった跡地に、一軒のイタリアンがある。

ローザネーラだ。

店内はそんなに広くはないが、吹きぬけになっていて開放感を感じることができる。

一階はガヤガヤした雰囲気で、二階はテーブルが三席くらいで落ち着いた雰囲気。

もっともスタッフが十分にいないのか、二階は総体的にほっとかれている印象を受けた。

1800円のランチを注文した。

080713_123355

まずはカボチャの冷製スープ

ひんやり甘くて濃厚。

35度を超える炎天下の中、この店に来るまでに暑さにやられていたので、一息つける清涼感を感じることができた。

前菜もあったのだけれど、

写真は撮り忘れてしまったsweat01

不覚…

その内容は、

温菜としてヒイカにサフランライスを詰めた洋風イカメシ。

冷菜としては水ナスとフルーツトマトでした。

080713_130713

パスタは、

スズキとジャガイモ、バジルのスパゲッティ

湯気の熱気と、とバジルの香りを香らせながらテーブルへやってくる。

スパッゲティはアツアツで、

気をつけないと舌が火傷してしまうほど。

でもアルデンテでちょうど良い硬さ。

ジャガイモがもちもちしていた。

全体的に塩気は攻撃的なんだけど、

まあ普通に美味しい。

080713_134935

メインは魚。アイナメのポワレ

パスタからメインまで45分ほど待った。

俺達より後に来た隣客は、俺達のメインが来る前に肉のメインが来たうえに、彼らが食べ終わっても俺達のメインは運ばれてこなかった。せめてお待たせしました、の一言でも欲しかったな。

アイナメに、モロッコインゲンとズッキーニ、トマト、あさり。

スープはあさりの出汁を使ったスープ。

スープが美味しい。アイナメも悪くない。

パンは自家製フォカッチャで、定期的におかわりしてくれる。

美味しいし、なくなる度にすぐに追加してくれるのはいいけどちょっと塩からすぎだった。残念。

080713_140426

デザートはパイナップルソルベとメロンミントソルベ

後者は珍しいがさっぱりとしていてスーっとして爽やか。

悪くない。

最後は珈琲。

味はまあまあ。普通に美味しい。

1800円でこの内容はコスパ高いと思う。

しかし、二階にはちょっと接客が十分に行き届いていないようだった。ディナーの下見に来ていたのだけれど、ちょっと悩むかも。

rosanera ローザネーラ

〒550-0003

住所 大阪府大阪市西区京町堀1丁目8-11

TEL 06-6445-9615

定休日 毎週月曜日

営業時間 月~金

17:00~24:00 (Last Order 23:00)

土・日限定ランチタイム

12:00~16:00(Last Order 14:30)

ディナータイム

18:00~23:00(Last Order 21:30)

ていうかこのブログ、不便すぎる…記事を書くのに今までの倍以上時間がかかる…今までは10~20分ほどでやっていたのに…イライラannoy

早くも引っ越ししようかな…

2008年7月22日 (火)

西天満のニュー中華料理店「香味(シャンウェイ)」

うーん、新しいブログはなかなか記事をかきにくいな…慣れないだけだといいけど…coldsweats01

080712_190149 西天満のちょっと中に入ったところに、最近一軒の中華料理店ができた。

「香味(シャンウェイ)」だ。

もともとは何かの事務所だったのかな?ちょっと簡易な外装。

中は白を基調としたシンプルなカフェみたいな内装。

席数は20席くらいかな。

6時半くらいに入店したのだけれど、客は俺達ひと組のみだった。まだちょっとわかりにくい場所にあるので、まだあまり認知されていないのかな。

080712_181607_2

前菜によだれ鶏。

四川料理の一つで、よだれが出るほど旨いからそう名付けられたのだという。

ピリ辛で食欲をそそるタレがむし鶏にねっとりと絡んで、確かに旨い。ビールによく合うなあ。

080712_182217

次は空芯菜の塩にんにく炒め。

空芯菜は難波のとある飲茶の店で初めて食べて時から病みつきになった野菜。以後その店に行くときには必ず注文する。

空洞のある茎部分はシャキシャキとした触感で、菜の部分はモロヘイヤのような粘りがある。

うま味もあって、ニンニクとよく絡む。

やっぱり旨いなあ。

080712_182946

次は合鴨の甘味噌炒め。

油揚げとパンの間のような触感と味のピタパンにはさんで食べる。

こやつも丁寧で旨い。

080712_183633

麻婆豆腐。

皿がテーブルに運ばれてくると、餡のツヤっとした照りと、山椒の鼻をつんっと刺激する香りに、食べる前からこれは絶対旨いはず、と確信した。

丁寧で舌にからむ餡。山椒がよく利いていて、舌がピリリと痺れるが、鼻を通る華やかな香りは上品だ。

予想を裏切らない旨さだった。

080712_184001 豚肉とレタスチャーハン。

パラパラで塩分しっかり。

レタスはシャキシャキ。

安定したうまさ。

どれもかなり丁寧でレベル高く、旨かった!!

これらとビール×2で、二人で確か5000円はいかなかったはず。ふふふ、これはい~い店見つけたscissors客は7時半まで俺達だけだったので、今のところ穴場だし。…でも客が少なすぎるのも存続の点で不安だけどgawk

欲を言えばもう少しひねりや料理の種類が多ければ言うことないんだけど、まだ5月にオープンしたばかりでこれから少しずつ料理の種類を増やしていくらしいから、少しおいてまた行こうっと。

中国菜 香味(シャンウェイ)

大阪市北区西天満3-6-15

TEL 06-6364-2980

2008年7月18日 (金)

ブログ移転のお知らせ

こちらのブログは、下記のURLに移転いたしました。

http://pasapasa.blog.eonet.jp/

引っ越しします!!

この度、関西どっとコムのブログサービスの終了に伴い、eoblogへ引っ越しすることになりました。

新しいブログのアドレスは、
http://pasapasa.blog.eonet.jp/gourmet/

になります。

リンクしてくださっている方、お気に入りに入れてくださっていた方、お手数かけますが、こちらのアドレスの方へ変更していただくようにお願いします。

2008年7月16日 (水)

福島の南のピッツェリア「ダルブリガンテ」

96lsikai 福島駅から数分ほど。
小学校を過ぎて少し歩いた場所に、一軒のピッツェリアがある。
「ダルブリガンテ」だ。

一階はカウンターメインで、二階はテーブル席。
ウッディな造りを基調としていて、席間があり、天井は高くて開放感がある。
照明は落してあって、カジュアルながら落ち着いた府に気の良い空間だ。

メニューは黒板に20品ほど。
ピッツァ数品、前菜数品、パスタ数品、魚と肉のメイン一品ずつ。ちょっと選択肢は少ないかな。

大体二人で三皿が目安として教えてもらったので、前菜盛り合わせと、ピッツァ二枚を注文した。


Yocew0tj 前菜盛り合わせ。

卵焼き、春巻きとサモサと揚げ餃子の間のようなもの(アンチョビの味がした)、グリーンピース、ニンジン、白インゲン、しらす海老、ナスなど。

色とりどりで盛りだくさん。


Cbhm3kuf ピッツァ一枚目はマリナーラ。

水牛のモッツァレラ、バジル、トマト、アンチョビ、鷹の爪の構成。
結構大きくて、一枚でも胃袋はそこそこ満足できそうだ。

さすが水牛のモッツァレラチーズはクリーミィ。
水牛のモッツァレラを使ったピッツァはどのお店でも高めで、この店も2000円前後するのだけど、生地の大きさとチーズの量を考えると決して高くはない。
生地はできたてはアツアツでふわっとしているのにしっかりもちもちとしている。
チーズ、トマト、アンチョビの塩気、ピリ辛の全体の味のバランスが良い。


Calcjtdo 二枚目は生ハムとルッコラ、水牛モッツァレラのピッツァ。

こっちの方がもちもち感が上だった。うーん、生地だけでも旨い。
生ハムの塩気がちょっときつかったけど。


以上とビール、グラスワイン×2で7000円ちょっと。妥当な値段。

ピッツァはかなり旨かった。
生地がかなりの好み。味のバランスも良い。

店の雰囲気も良いし、接客も二階は一人だけど頑張っていて好感がもてる、いい感じの店だ。


ダルブリガンテ
TEL 06-6451-4605
住所 大阪府大阪市福島区福島3-6-14
営業時間 11:30〜14:00、17:30〜21:30
定休日 火曜日

2008年7月12日 (土)

夏は冷やしカレー!!

7ovlqp4i 西天満公園の近く。
キッチンコトコトの二軒ほど隣に、薬膳カレーの店、
「王様のスプーン」
がある。

そこになかなか気になるメニューが登場したと聞いたので、行ってみることにした。

カウンター主体だけど狭苦しくない、すっきりした店内。
外から見た印象よりも居心地が良い。

席につくと同時に、メニューを見ずに目当ての料理を注文した。


4hxao4el
注文したのは、冷やしカレー。

冷製スープにライスの島が浸り、その上にカレーのルーがかかっている。そしてその上にはさらにコンソメジュレ、鳥のささみがのっている。

一目見た外観の時点で見たことがない、珍しい料理だ!

わくわくしながら一口食べてみると、キンキンに冷えたスープから、確かにカレーの香りと辛さがやってくる!
おお、これは確かに、冷たいカレー!!
触感は、冷たい雑炊のような感じ。

すごいな、これは食べたことない味だ。

ただ、ちょっとコンソメジュレが塩辛すぎた。
ジュレをのけて食べた方が美味しかった。ジュレの塩分はなくてもよかったのに。

カレーは冷たいけど辛さはあるから身体にはホットさも感じた。

なかなか面白かった。
冷やしカレーはまだメニューとしてできたばかりか、ジュレの件などまだ発展途上っぽい。知り合いの話だと彼が食べた時には塩辛くなかったらしいし、ムラがちょっとあるのかな…
もう少し間をおいて、また行ってみよう。


王様のスプーン
大阪府大阪市北区西天満5丁目11-4
電話 06-6362-8028

2008年7月11日 (金)

しばらくお待ちください

引っ越し作業に少々時間がかかるみたいです。

少々お待ちください。

2008年7月 9日 (水)

使い勝手の良い洋食屋(プワル�)

ある週末の夜をプワルで過ごした。

Qeryz0vf
まずはシーフードサラダ。

サラダに、はまち、イカ、あとなんだったかなの白身の魚、ケッパーなど。
ドレッシングがなにげに旨い。

Ygnx6bdr
うにのクリームスパゲッティ。

うにはちょこっとだけ。安いから仕方ないんだけどね…。

クリームソースはかなり濃厚。
洋食パスタとしては優秀な方だ。

3q_kbvp2
牛タンの赤ワイン煮込み。

しっかりごろっとあるのにこれで1400円は安い。

とろっとまろやかなんだけど、ちょっと酸味が強くて塩気が少なすぎるのが残念。

Htffumgi
マルゲリータピッツァ。

結構薄めのパリパリ生地。
生ハムとドライトマトとオリーブに、たっぷりチーズ。
塩気がたっぷりで、ワインと交互に食べたい。

Ydspeiyn
たんぽぽオムライス。

半熟でとろとろ感がある。


以上とドリンク×2で6150円。

料理は全体的にオーソドックス。
でもそつない感じ。

そしてA4レベルの和牛のビフカツやステーキが2000円前後であったりして、素材からするとコスパが高い。

2008年7月 8日 (火)

ガウダンテの手打ちパスタ

Nxk0dcx0 ある昼時。

火がついたように突然降り出した激しい雨。
昼からは降水確率が低いので傘を持ってきてなかった俺は、梅田でのランチを地下内ですますことにした。

梅田の地下でのランチの選択肢は少ない。
比較的悩めるのは大阪駅前ビル。
多少ゆっくり食事したかったので、第4ビル地下1階のイタリアン、
「オステリア・ガウダンテ」
に入った。

ミニサラダとパン、手打ちフェットチーネ、コーヒーで1000円。
安くはないが、パスタのボリュームがしっかり。
ホタテなどの具も異常なくらいに沢山。
味も悪くない。

ボリュームの良さに、立地の良さが相俟って、12時になるかならないかのうちに満席になる程の人気ぶりだった。

丁寧で美味しい讃岐うどん

Mv17wprh 大阪駅前第3ビルの地下2階にある美味しい讃岐うどんの店の一つ、
「うどん棒」
で夜飯。

この日の日替わり定食は、えび天うどんとかやくご飯。880円くらいだったかな。

久々に来たけど、麺が太くなっている気がする。(なんか来る度に麺の太さの印象が違う…)
そのせいかいつもよりコシがしっかりしていて、麺自体の味も旨い。
えび天もサクサクで衣が細かくて上品で旨い。

かやくご飯もだしが利いていて、イケてる。

うーん、かなり旨い。今まで行ったうどん棒の中で一番旨かった。
これがスタンダードになったんだとしたら、駅前ビルでうどん食べる時は、迷わずここに行くわ。

Powered by Six Apart